【産業動向】 トランプ保護主義の影響? アップルが整備済みコーナーでiPhone販売開始 鴻海に打撃も
2016-11-11 11:28:42
米アップル(Apple)が、自社の米国サイトでスマートフォン「iPhone」の整備済み製品の販売を始めたが、これについて、iPhone製造サプライチェーンの集積する台湾の市場や業界では、共和党のドナルド・トランプ氏が次期大統領に当選するなど保護主義の傾向を強める米国において、アップルが中古iPhoneの回収業務を全世界で委託先から自社に引き揚げるなど、将来的な米国での製造拡大に向けたウォーミングアップを始めたことを意味するのではないかとの観測が浮上しているようだ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI