【EMS/ODM】 トランプ大統領誕生、台湾EMSの米国製造は不可避の見方
2016-11-22 12:01:18
米国企業は製造を米国に戻すべきだと主張する共和党のドナルド・トランプ氏が米国の次期大統領に就任することで、EMS(電子機器受託製造サービス)・ODM(Original Design Manufacturer、設計・製造)業界では、米国製造の影響を検討する動きが出始めているが、台湾紙『経済日報』(2016年11月19日付)は、台湾業界筋の話として、米アップル(Apple)が米国販売分の製品を米国で製造する方向になるのは不可避だと報じた。ただ、EMSらが米国で製造することにより増えるコストの大半はアップルが負担することになるとの認識を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,028元
その他海外からのお申し込み:US$778.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI