【産業動向】 日本写真印刷、iPhone 8用でITOフィルム「爆買い」か 中国社は商機拡大で増産
2017-02-16 12:00:38
GFF(Glass Film Film)タッチパネル用ITO(酸化インジウムスズ)フィルムの主要供給業者である中国Rijiu Optoelectronics(日久光電)が2017年2月9日、5440万元(1元=約16.6円)の増資を発表した。中国のディスプレイ情報専門サイト『旭日顕示興触膜』は2月11日付で、日本写真印刷(NISSHA)が、米アップル(Apple)の17年スマートフォン旗艦モデル「iPhone 8」用としてITOフィルム大手の生産能力を買い上げると指摘。その上で、その他の業者向けITOフィルム供給が逼迫することを見込み、Rijiu Optoelectronicsが増産向けの増資を行うものだと指摘した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,712元
その他海外からのお申し込み:US$712.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI