【産業動向】 iPhone 8調達前倒しでMLCC需給ひっ迫加速か 村田・太陽誘電・京セラ動向
2017-02-21 11:30:31
積層セラミックコンデンサ(MLCC)の需給が逼迫、納期は直近で2〜4週、5%の供給不足にあるという。米アップル(Apple)がスマートフォン「iPhone」の部材調達を、17年の旗艦モデル「iPhone 8」では例年より前倒しすると伝えられるが、村田製作所(Murata)、太陽誘電(Taiyo Yuden)、韓国サムスン電機(Samsung Electro Mechanics)、京セラ(Kyocera)のMLCC大手4社はアップルがいったんiPhone用の調達を始めれば、約半年にわたり、iPhone向けにかかり切りになるのは必至。供給逼迫の状況がさらに進むことも予想されるが、その間、アップル以外のメーカーがいかにしてMLCCを確保するのかに関心が集まっている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,712元
その他海外からのお申し込み:US$712.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI