【産業動向】 「iPhone 8」大量輸送可能なボーイング747保有の中華航空に脚光
2017-08-24 11:48:34
米アップル(Apple)の次世代スマートフォン「iPhone 8」が出荷までのカウントダウンに入った。こうした中、中型機の隆盛で需要が減少し姿を消しつつある米ボーイング(Boeing)の大型機747が、iPhoneを大量に搭載でき北米と欧州へいち早く輸送できるということで脚光を浴びており、これを保有する台湾のキャリア、チャイナエアライン(中華航空)の確保に業者が殺到しているようだ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI