【半導体】 東芝3D NANDフラッシュ生産ラインでウェハー10万枚損失? DRAMeXchange否定
2017-10-18 11:42:57
調査会社DRAMeXchangeは2017年10月16日付レポートで、東芝(Toshiba)の3D NAND型フラッシュメモリ(NANDフラッシュ)製造工場で問題が起こり、ウェハー約10万枚の損失が出たとのうわさがあったが、調査の結果、確かに問題はあったものの、損失は10万枚を遙かに下回るもので、生産ラインも止まっておらず、生産量の減少は市場や業界の予想よりも小さなものになるとの見方を明らかにした。また、東芝の17年第4四半期出荷にも直接大きな影響は出ないとした。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,712元
その他海外からのお申し込み:US$712.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI