【携帯】 MediaTechスマホチップ受注、18年は横ばい OPPO・Vivo増も韓国2社とファーウェイ激減
2017-11-03 12:02:26
IC設計大手、台湾MediaTek(聯発科)の2018年スマートフォン用チップ出荷が今年とほぼ横ばいになるとの見方が台湾市場に出ているようだ。中国OPPO(欧珀)、中国Vivo(歩歩高)からは大口受注を獲得した一方、韓国サムスン電子(Samsung Electronics)、韓国LG電子(LG Electronics)、中国Huawei(ファーウェイ=華為)、中国Xiaomi(シャオミ=小米科技)の大口顧客4社からの受注が減るものと見られている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,712元
その他海外からのお申し込み:US$712.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI