【EMS/ODM】 iPhone筐体、今後もガラスより金属主流? CatcherのFlexium出資で観測
2018-03-19 11:04:57
米アップル(Apple)のスマートフォン「iPhone」に金属筐体を供給する台湾Catcher(可成)が2018年3月15日、同じくiPhoneにフレキシブル基板(FPC)を供給する台湾Flexium(台郡)に出資を決めたが、両社の地元台湾の新聞『経済日報』は翌16日付で、この出資が金属筐体の先行きをアップルが楽観しており、iPhoneの筐体の素材として引き続き金属を最優先することを示したものに他ならない」との見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,167元
その他海外からのお申し込み:US$742.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI