【産業動向】 TSMC窮地に ARMがファーウェイと取引停止で
2019-05-23 11:42:37
ソフトバンク(SoftBank)傘下でモバイル端末用アプリケーションプロセッサ(AP)アーキテクチャを提供する英ARMが、中国ファーウェイ(Huawei)との契約やサポート等の一時停止を決めたと英『BBC』が2019年5月22日付で伝えたが、台湾の有力経済紙『経済日報』は同日付で、ファーウェイ傘下HiSilicon(海思)のモバイル端末用APはARMアーキテクチャに基づいて開発したものであり、ARMとの取り引き停止は、ファーウェイのスマートフォン出荷にとって打撃になるとともに、HiSiliconのチップ製造を手がけるファウンドリ最大手、台湾TSMC(台積電)の受注にも影響が及ぶのは必至だと報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI