【産業動向】米の香港優遇打ち切り、半導体の地理的集中と生産戦略に劇的変化 TrendForceレポート
2020-07-03 12:53:24
台湾の調査会社TrendForceは2020年7月2日付レポートで、中国が香港の自由を制限する香港国家安全維持法を制定したのを受け、米商務省が6月30日(米国時間)、香港に付与してきた軍民両用技術の輸出についての優遇措置を8月末で打ち切り、その後は商務省の許可証取得が必要になるとした決定について、これが半導体製品の地理的な集中とチップ製造業者の生産戦略を劇的に変えることが予想されると指摘。その上で、ファウンドリ、封止・測定(パッケージ・テスト)、IC設計において半導体産業で重要な位置を占める台湾系業者に対し、米中貿易戦争の影響を受けぬよう、これまで以上に細心の注意を払う必要があると助言した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,028元
その他海外からのお申し込み:US$778.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI