【携帯】華為、携帯電話市場から撤退も 著名アップルウオッチャー指摘
2020-08-31 12:31:34
携帯電話チップの台湾MediaTek(聯発科)が2020年8月28日、中国Huawei(ファーウェイ=華為)に部品を提供するためのライセンスを米商務省に申請したと表明したが、米アップル(Apple)のウオッチャーとして著名な天風国際証券アナリストの郭明錤(Ming-Chi Kuo)氏は最新レポートで、米商務省が9月15日以降にMediaTekなどサプライヤーによるライセンスの申請を許可するかどうかに関わらず、Huaweiの携帯電話が市場でシェア、競争力とも弱体化するのは不可避であり、最悪の場合、撤退を余儀なくされることもあり得るとの考えを示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,740元
その他海外からのお申し込み:US$723.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI