【EMS/ODM】日本のChromebook出荷8割増へ GIGAスクール後押し エイサー・ASUS・鴻海に恩恵
2021-03-01 12:24:08
公立小中学校でPCの1人1台環境を実現するGIGAスクール構想や新型コロナウイルスの感染拡大がもたらしたテレワークの拡大により、日本では2021年、クラウド型ノートPC(NB)「Chromebook」の出荷台数が前年比で8割の増加を見せる他、米アップル(Apple)のタブレット端末「iPad」の出荷増も期待できるとして、Chromebookの台湾エイサー(Acer=宏碁)と台湾ASUSTeK(エイスース=華碩)、iPad受託製造の台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)と同社傘下のシャープ(Sharp)の先行きを期待する見方が台湾市場に広がっているようだ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,740元
その他海外からのお申し込み:US$723.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI