Site Meter
【EMS/ODM】アップルAR HMD、22年Q2量産化へ YoungOptics光学部品受注 台湾メディア
2021-09-24 12:06:27
米アップル(Apple)が、AR HMD(拡張現実ヘッドマウントディスプレイ)の第2段階(P2)のプロトタイプテストを完了、2022年第2四半期(4〜6月)の量産化と、同年下半期の発売に向け着々と準備を進めている他、YoungOptics(揚明光学)が光学部品でサプライヤーリストに入ったとの観測が市場に流れている模様だ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,628元
その他海外からのお申し込み:US$718.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI