Site Meter
【産業動向】中国の電力制限でApple Watch発売に遅れ ウェア端末の生産に打撃 中国報道
2021-10-08 12:39:12
中国の経済メディア『第一財経』は2021年10月6日付で、中国各地で電力供給の制限が強化される中、生産を中国に深く依存しているアップル(Apple)、マイクロソフト(Microsoft)、HP(ヒューレット・パッカード)、デル(Dell)、中国レノボ(Lenovo=聯想)傘下のモトローラ・モビリティ(Motorola)、電気自動車(EV)のテスラ(Tesla)といった米国系ブランド大手の他、米の半導体大手インテル(Intel)、クアルコム(Qualcomm)の封止・測定(パッケージ・テスト)サプライチェーンにも影響が波及していると報じた。これら業者のサプライチェーンに、電力制限の先行きを楽観できないとの見方が広がっており、その上で、生産の分散計画を進めているとしている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,628元
その他海外からのお申し込み:US$718.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI