Site Meter
【携帯】華為、携帯電話事業の存続へODM参入の報道 顧客に中国移動やTCL 中国報道
2021-11-17 11:38:39
台湾の金融情報サイト『理財網』は2021年11月12日付で、中国Huawei(ファーウェイ=華為)が、米国の同社に対する禁輸措置で大打撃を受けた携帯電話業務の存続に向け、サブブランド「Honor(栄耀)」売却に続き、チャイナモバイル(China Mobile=中国移動)をはじめとする中国系通信キャリア3社や、家電大手のTCL、さらに中国系のノーブランド業者に対し、5G対応スマートフォンのODM(Original Design Manufacturer=設計・製造の受託)サービスの提供を始め、自社のオンライン・オフライン店舗でそれらの販売も手掛けていると報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,409元
その他海外からのお申し込み:US$694.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI