Site Meter
【産業動向】「半導体業者の認識、川下の実需と著しく乖離」 エイサー会長が警告
2022-07-14 14:11:55
PC大手、台湾エイサー(Acer=宏碁)の陳俊聖・董事長(会長)は2022年7月13日、台湾の半導体業界では、産業川下から川上に向かううちに発注と実需が乖離してしまう「ブルウイップ効果」が既に見られるとし、半導体ファブの建設計画が山のようにある中、景気が大きく後退してファブの稼働率が下がれば、台湾全体を揺るがす事態に発展する恐れがあると警告した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:3,946元
その他海外からのお申し込み:US$590.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI