Site Meter
【携帯】iPhone 14、標準2機種に「型落ち」AP搭載でTSMC業績下振れ懸念 モルスタ指摘
2022-09-08 11:38:00
米アップル(Apple)は日本時間2022年9月8日未明に発表した新型スマートフォン「iPhone 14」シリーズ4モデルのうち、最新型のアプリケーションプロセッサ(AP)「A16 Bionic」をハイエンドの「14 Pro」「14 Pro Max」の2機種のみに搭載し、標準モデル「14」「14 Plus」には先代「A15 Bionic」を搭載した。台湾の経済紙『工商時報』(9月8日付)によると、これについて、モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)はiPhone 14発表前に公表したレポートで、アップルが仮に23年モデル「iPhone 15」シリーズに搭載するAPでも同様の戦略を採用するのであれば、APの受託製造パートナーである台湾TSMC(台積電)は23年業績がこれまでの見通しよりも下振れする恐れがあるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:3,946元
その他海外からのお申し込み:US$590.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI