Site Meter
【携帯】iPhone 14標準モデル2機種、予約低迷で生産発注削減の可能性高まる 著名ウオッチャー指摘
2022-09-13 13:04:58
米アップル(Apple)のウオッチャーとして著名な天風国際証券アナリストの郭明錤(Ming-Chi Kuo)氏は2022年9月12日のツイッター投稿で、アップルが先ごろ発表した新型スマートフォン「iPhone 14」シリーズうち、ハイエンドの「14 Pro」「14 Pro Max」の注文がともに先代Proの2機種を超えたとする一方、標準モデル「14」「14 Plus」の2機種は発売日当日の配送、受け取りが可能であることから、アップルが標準モデル2機種の生産発注を削減する可能性が高まっているとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:3,946元
その他海外からのお申し込み:US$590.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI