Site Meter
【半導体】ソフバンG英アーム値上げの報道 台湾ではRISC-V移行加速の見方
2023-03-24 11:44:02
ソフトバンク(SoftBank)グループ傘下の英アーム(ARM)が、米クアルコム(Qualcomm)や台湾MediaTek(聯発科)をはじめとするIC設計大手の顧客に対し、ライセンス料を半導体の価値ではなく、端末機器の価値に基づく方式に変更する計画であることを通知したと英『フィナンシャル・タイムズ(FT)』が2023年3月23日付で報じた。この報道について、MediaTekの地元台湾の大手紙『経済日報』は同日付で、この変更により、コンシューマ向け電子機器向け半導体のIC設計各社では、アームに支払うライセンス料が増えるのは避けられないとする一方、モノのインターネット(IoT)、車載、クラウド・コンピューティング、人工知能(AI)等の分野向け半導体では、アーム等特定のアーキテクチャに依存しないRISC-Vアーキテクチャの採用が増えるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,460元
その他海外からのお申し込み:US$618.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI