Site Meter
【EMS/ODM】ウィストロン、エヌビディアのデジタルツイン技術でサーバー生産加速
2024-06-11 11:27:04
台湾の大手紙『経済日報』は2024年6月3日付で、PC・サーバー受託製造大手の台湾ウィストロン(Wistron=緯創)が、米エヌビディア(Nvidia)のAI(人工知能)技術とプラットフォーム「Omniverse」を活用して、仮想空間に現実空間を再現するデジタルツインによる仮想工場を構築し、エヌビディアのAIスーパーチップ「GB200」搭載サーバーとシステムの量産化を加速していると報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,276元
その他海外からのお申し込み:US$585.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI